RSS | ATOM | SEARCH
そうだったんだ!母恵夢の謎
2015081410390000.jpg
小さい時から大好きで、駄菓子を買うんだったら母恵夢を選んでいた。
と言ってもそこら辺にあるわけではないから、当時は母恵夢の本店まで行って買っていた訳だ。
たぶん愛媛県人で母恵夢を一番食べてるのは私だと自負するくらい食べている。そもそも愛媛県人はそんなに食べないかっ。自宅近所の東急百貨店の地下には母恵夢があるし、禁断症状になる前にいつでも調達できるようになった。
しかし、口にする度に「今日の母恵夢は甘くないな。」と思う事があり、ある時母恵夢の本店に勤務している友達に聞いたところ「時代に合わせた製法はしているけど、根本のところは実は全く変えてないんよ〜。」との事。
そっか、自分の体調のせいで味が変わる事もあるだろ。
しかし、以前から気になっていたのが、今治駅にはベビー母恵夢6個入りが売ってあるけど、松山駅では8個入りしかない。松山空港には、別々の母恵夢の店でそれぞれ6個入り8個入りが売られていた。
よーく見たら、本店が今治は「母恵夢本舗」で本店が松山は「株式会社母恵夢」なのだ!よくよく見ると扱ってる商品も全く違う。 なんて事だー。この事は愛媛県人は知っていたのであろうか。よりによって自分が知らなかったなんて(涙)。
という事で、私が感じた味の違いを知りたくなり、今治駅で母恵夢は買ったが、空港でも違う母恵夢を買って比べてみた。
やはり全然違った!口に入れた途端それは分かった!私の大好きな母恵夢は母恵夢本舗の母恵夢だったー。表示されているエネルギーやタンパク質やナトリウムなども違った。
人によっては株式会社母恵夢のほうが好みという人もいるだろうし、そんなにしょっちゅう食べる事もないだろうからたぶん違いは分からないだろう。
私自身は長年の謎が解けてスッキリした気分だ。
しかし、母恵夢が好き過ぎてまだまだ語りたいのだが・・・またいつか。
◯ゆ
author:Apica, category:-, 01:24
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。